グリーンスムージーの味

緑の葉野菜を必ず使用するため、見た目は青汁かと思うほどグリーンなグリーンスムージー。やはり、味も青汁に似ているのでしょうか?果たして、グリーンスムージーは美味しいのか不味いのか、その真相に迫ります。

 

意外に美味しいグリーンスムージー

 

結論から言いましょう。
グリーンスムージーは意外に美味しいです。

 

飲む前こそ青汁そっくりな見た目に恐れをなすものの、飲んでしまえば意外に美味しいのです。考えてみれば、葉野菜オンリーではなくフルーツを使用しているのですから飲みにくいわけがありません。

 

しかも、果物:葉野菜=6:4と果物の割合のほうが多いので、飲みにくいどころか飲みやすくて当然と言えます。

 

苦手な味でも葉野菜は必須

 

意外に美味しいグリーンスムージーではありますが、苦手な葉野菜を使ってしまうと飲みにくい味だと感じるかもしれません。

 

グリーンスムージーに使用される代表的な葉野菜は、ほうれん草や小松菜です。このふたつが苦手なら他の葉野菜で代用しましょう。

 

ただし、クセがなくて食べやすいキャベツや白菜は緑の葉野菜と言えば緑の葉野菜とはいえ、グリーンスムージーには適していないそうです。

 

苦手な葉野菜でもグリーンスムージーに適していれば使い、フルーツで飲みやすさを調整するのがベターではないでしょうか。

 

苦手な味ならフルーツで調整

 

葉野菜に苦みやえぐみがあっても、それを打ち消してくれるフルーツを使えば飲みやすい味になります。

 

どんな葉野菜とも相性が良いのはバナナです。グレープフルーツやオレンジといった柑橘類も良いパートナーとなります。りんご・キウイ・イチゴ・マンゴー・ブドウ・ブルーベリーなどもオススメ。フルーツの酸味がきつい場合はハチミツを少量入れるとより飲みやすい味になりますよ。


このページの先頭へ戻る